2009年04月03日

父の命日

090403yahasira3.JPG

3年前の今日、父が亡くなりました。

3月の中旬にガンであることがわかり、すでに末期で、10日間の入院の後退院。5日目で家で亡くなりました。

元気な頃から、「ガンになったら告知してほしい。」「延命治療はするな。」と言っていました。

とにかく早く家に帰りたかったようなのですが、重なる検査と在宅介護の手続きなどで10日かかってしまいました。

退院の日はちょうど今日のように桜が満開でした。

介護タクシーの運転手さんにお願いし、阿佐ヶ谷の病院から遠回りをして、桜並木が続く善福寺川沿いを通ってもらいました。

一番桜がきれいに見えるあたりで、車を止めてもらいました。

ストレッチャーに乗った父は、車の窓から桜をながめ、「満足した…。」とほほ笑んでくれました。

あれが私と父との最後のデートでした。

葬儀の日は桜が風に散っていました。

「桜の季節に亡くなるなんて、うらやましい。」「私もあんな亡くなり方をしたい。」と親族にうらやましがられながら、父の煙は天に昇ってゆきました。

今日は、母となずなと、父が眠る都営八柱霊園にお参りに行きました。

桜の木の下で、おにぎりを食べました。

090403yahasira.JPG

090403yahasira2.JPG

あの3年前の退院の日と同じような、満開の桜でした。


posted by なずな・まま at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ポメラニアンなずなとおでかけ
この記事へのコメント
桜の季節でしたか....
私の父は梅の季節でした...
その季節が来ると思い出しますね〜〜〜。
Posted by うめ at 2009年04月04日 19:57
☆うめさん

そっか、うめさんのお父様は梅の季節でしたか。 でHNと関係あるの?(◎o◎)?

そうそう。その季節になると思いだすよね。いい時に亡くなってくれました。
Posted by なずな・まま at 2009年04月04日 20:41
癌発見からアッと言う間だったんですね・・・
そんな状態になるまで気付かせなかった癌って
本当に恐ろしい病気だって痛感させられました。
最後に桜を見て 「満足した…。」と微笑んでくれたお父様・・・
優しいお顔されてたんでしょうね。
桜が満開の時に退院して そして桜と共に逝かれただなんて
素敵です。
お花が好きな私も出来たら・・・って思ったりして・・・^m^

Posted by ばぶ at 2009年04月05日 09:10
☆ばぶさん

ありがとうございます。
何かの花の時期に亡くなると、その花が咲くと思いだすものなんですね〜。
亡くなってからわかりました。

膵臓癌だったんですが、食欲がなくなって病院に行ったらすでに末期でした。それまでどこも痛くもなんともなかったんですよ。定期検診もしてたし…。
でも最後まで苦しまずに逝ったので、よかったと思ってます。
「ぽっくり神社」にお参りに行った成果かも(*^_^*)
Posted by なずな・まま at 2009年04月05日 13:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28184796

この記事へのトラックバック