2009年01月27日

マンガ家裏話6 [スランプ]

デビュー後、2年ほどたつと、コンスタントに仕事が入るようになりました。
カラーページや巻頭の仕事もたまに入り、忙しくなってきました。
昭和52〜53年頃です。

当時はアシスタントを使っていなかったので、プロットとネームのやり直しが続くと、しめ切りまでの時間がなくなり、睡眠時間2時間の日もありました。

コタツで原稿を描き、そのままコタツで横になり、起きあがってまた描く…といった不健康な日々を送っていました。

毎日マンガを描いて生活するのが夢だったのに、ちっとも幸福感がないのです。とほほ。。。

しかも自分の作品にも満足できずにいました。

この頃はシリアスが描きたかったのですが、編集担当者は「シリアスはダメ」と拒否。
人気が出るのは、主人公が明るく元気で前向きで、ハンサムな男の子が登場するラブコメだったのです。
私もそういう作品を描くことを求められました。

でも、当時は「明るく元気で前向き」なキャラクターを作るのはとってもしんどかったのです。

もうちょっと大人向けのマンガを描きたいとも思いましたが、昭和53年頃なので、今のようなレディースコミックは創刊されてなかったのです。

私はどんどん憂鬱になり、スランプになってしまいました。

初めてのスランプ突入〜〜あせあせ(飛び散る汗)

ウツ状態のようになり、なんにもやる気がしないし、もちろんマンガを描く気も起きません。

思い余って、担当者に「もう、マンガ家をやめたい…」と話しました。
すると、担当者は特にあわてて止めるわけでもなく「ん〜、もったいない気もするけどねぇ。。。」などと言っただけで、編集長は私の顔も見ずに「やる気のないヤツはほっとけ」と一言。

urabanasi2.JPG

まだ20歳そこそこの女の子が、仕事で悩んでいるんだから、もうちょっとフォローをしてくれてもよさそうなものです。ぐすん。

その後、何がどうなったのか、まったく記憶から飛んでしまっているのですが、結局その後もその雑誌にマンガを描いているのです。



posted by なずな・まま at 09:14| Comment(4) | TrackBack(0) | マンガ家裏話