2009年01月12日

マンガ家裏話5 [プロットとネーム]

マンガはいきなり原稿に描くものではありません。

最初に「プロット」といって、物語のあらすじを書く作業があります。

その段階で編集者に見せ、打ち合わせをします。

私の場合、一度でOKになることはほどんどありませんでした。編集者にたくさんアドバイスをもらい、なんどもなんども直します。
直しているうちに、何を描きたいのかわからなくなり、全く違う話を持っていったりすることもあります。
最初から「こういう話はちょっとね」とバッサリとボツにされることもあります。

プロットはたいてい一度に3本くらい持っていって、その中でよさそうなものを選んでもらい、あとはボツにされることが多かったです。

そんな努力を重ね、やっとプロットのOKが出たら、次はネームという作業に入ります。

これは、コマ割りとセリフを決め、依頼をもらったページ数に物語を収める作業です。
ここでも何度も編集者と打ち合わせをします。で、アドバイスをもらい、直していきます。
私はいつも、少なくても3回、多い時は5回以上やり直しをしました。

精神的にかなりキツイ作業で、日常の何をやる時にもプロットやネームのことで頭がいっぱいになります。

なので、ネームができた時の喜びはひとしおです。

purotto.jpg
左がプロット、右がネーム(「5+わん=ロク」より)
posted by なずな・まま at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ家裏話