2009年01月04日

マンガ家裏話2 [高校時代]

高校のマン研に入った私は、先輩(現在は、漫画家ますむらひろしさんの奥様)に、マンガの描き方を教えていただき、初めて30ページほどの作品を仕上げることができました。
高校一年生の時だったと思います。

せっかく描けたのだからと、当時の「別冊少女フレンド」(講談社)のマンガ家デビューのための「BFマンガセミナー」に応募しました。

すると努力賞でした。

その上に佳作2席、佳作1席、そして新人賞があります。
新人賞をとるとデビューできます。

単純に意欲が湧いた私はすぐに次の作品を描きました。
すると佳作2席になりました。

「よし!次は佳作1席、その次は新人賞だ!」と思ったのですが…。

そう人生甘くなく、努力賞にまた落ちたり佳作1席に上がったり、また落ちたり上がったりしながら、新人賞を受賞するまで、高校3年間で7回応募を繰り返しました。
はたして、学校の勉強はやっていたのでしょうか?たらーっ(汗)

初めての応募は郵便で送ったのですが、「近いのだから来なさい」と編集部の担当者に言われ、東京まで行きました。
学校の帰り、制服のままです。

家は千葉県にあり、東京まで一人で行ったことがなかった私は、初めて編集部を訪れる時、怖くて怖くて、マン研の友人二人についてきてもらいました。
すると担当者に「次は一人で来なさい」と叱られ…あせあせ(飛び散る汗)次回からは一人で行きました。

担当者はいかにもキャリアガールといったカンジの女性で、当時の私にとっては威圧感たっぷりでした。
言われることはなんでも「はい」「はい」といって聞いていたような気がします。

注意を受けることばかりで、褒められた記憶はあまりありません。とほほ。

urabanasi1.jpg
posted by なずな・まま at 14:25| Comment(4) | TrackBack(0) | マンガ家裏話